血迷いGo!勒へようこそおいでくださいました。
当ブログにはいくつか決まりごとが御座います。
何、たいした事はございません。
気楽に楽しむ為のガイドと思って、どうかヨロシクお願い致します。

 ■決めごと(設定の理由は☞こちら
  • その一、このブログはお気楽に楽しむべし。
  • その二、楽しめない場合は無言で立ち去るべし。
  • その三、このブログで議論しない。例外は管理人(はぶ)が認めたもののみとする。
  • その四、他人への誹謗中傷罵詈雑言及びそれらの類いは厳禁。
  • その五、カキコミが削除された時は決めごとに違反したものと思うべし。
  • その六、大人の礼儀をわきまえ、逆ギレも逆恨みもしない。
  • その七、決めごとは時々の状況によって断りなく変更される。

2007年08月21日

パリの大人のおもちゃ




【動画】パリジェンヌをも虜にする「おもちゃ」


2007年08月15日 09:09 発信地:パリ/フランス


【8月15日 AFP】「フランスの恋人たち」の神話が崩壊の危機にある。外国人男性のベッドでのテクニックがフランス人より優れているためではない。男性ではなく、機械、正確に言えば「大人のおもちゃ」の影響だ。アダルトショップの怪しげな影に埋もれていた大人のおもちゃが、パリの目抜き通りにあるブティックや有名雑誌などで注目されている。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2267623/2023098



 フランス語で大人のおもちゃのこと何て言うのかな?しかし、なんですね、開けっぴろげすぎるのも善し悪しって気がしないでもない。淫媚な雰囲気も大人のエッセンスでは?


posted by はぶ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

論より証拠



f:id:habu009:20070815205242j:image


 EORCのサイトに「地球が見える」と云うシリーズがあります。今回、そこから2つ紹介します。



エベレスト周辺でも融ける氷河


f:id:habu009:20070815205108j:image


 図1は2007年1月の世界最高峰、エヴェレスト(標高8,848 m)を含むヒマラヤ山脈の山々です。南東から照らす太陽光のため、急峻な山頂や尾根は自身の陰を左上の方向に延ばしています。エヴェレストは図右の大きな三角形の陰のところです。さらに、ローツェ(8,516 m)、チョー・オユー(8,201 m)を含む高峰と多くの氷河、水色の氷河湖が見えています。氷河は、白、薄い水色、あるいは薄い茶色の筋として見えています。図の上半分は中国チベット自治区、下半分はネパールで、図の中央を東西に国境線が走っています。上記の3つの8,000 m峰はいずれも国境線上にあります。


 エヴェレストが世界最高峰であることがわかったのは1852年のことでしたが、当時はチベットもネパールも鎖国状態で現地名が分からなかったため、インド測量局長官として業績のあったイギリス人、ジョージ・エベレストにちなんで名づけられました。チベット名「チョモランマ」は「世界の母神」を意味し、ネパール名の「サガルマータ」は「世界の頂上」を意味します。


 エヴェレストの初登頂は1953年にイギリス隊によって成し遂げられ、ニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイが5月29日に頂上に立ちました。


全文




エヴェレスト周辺でも融ける氷河(その2)


f:id:habu009:20070815205209j:image


 図1は世界最高峰のエヴェレスト(標高8,848 m)の南東約20 kmに位置し、世界で5番目に高いマカルー(8,463 m)を含むヒマラヤ山脈の山々の今年(2007年)1月の姿です。南東から照らす太陽光のため、急峻な山頂や尾根は自身の陰を左上の方向に延ばしています。マカルーは図の中央に、エヴェレストと世界で4番目に高いローツェ(8,516 m)が左上に見えています。


 マカルーの西側をバルン氷河が、南西側をロウアー・バルン氷河が流れており、それぞれの末端に水色のバルン・ポカリ(湖)と湖面が凍って白いロウアー・バルン氷河湖が見えています。この他、多くの氷河が白、または薄い茶色の筋として、氷河湖が白、または水色に見えています。マカルーの南西約11 kmのところには、ピラミッド・ピーク(6,809 m)があり、よく見ると確かに四角錐であることが分かります。


 図の右上半分は中国チベット自治区、左下半分はネパールで、エヴェレスト、ローツェ、マカルーはいずれも国境線上にあります。


 山名はチベット語で、マカルーの北側にあるカンシュン氷河から流れる「カルマ」谷に、「ルン(地域、谷)」が結びついて、「カマルン」となり、それが訛って「マカルー」となったそうです。


全文



posted by はぶ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

異常気象が尋常気象



 それにしても、どうなっちゃうんでしょうね?人ごとではございませんが。



国連報告、2007年は世界各地で異常気象


【8月9日 AFP】国連(UN)の世界気象機関(World Meteorological Organisation、WMO)は7日、2007年に入り、洪水、暴風雨、熱波、寒波などの異常気象が世界各地で発生しているとの報告書を発表した。


 地表面の温度については、1月と4月に観測史上最高を記録。1月は1.89度、4月は1.37度と平年よりも地表面の温度が高かったという。気温についても、欧州では今年4月、平年よりも約4度高い水準で推移した。


 今年の異常気象は、地球温暖化の原因と進行状況を監視する国連の気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)の科学者たちによる事前予測と一致する事態となったという。


 WMOの報告書に記載された異常気象は、以下のとおり。


・モルディブでは4.5メートルの高波が押し寄せ、各地で洪水被害が発生(2007年5月)


・ウルグアイでは、1959年以降で最悪の洪水被害が発生(2007年5月)


・英国の長雨、洪水被害(2007年5月および6月)


・中国南部の豪雨、台風被害(2007年6月)


・アラビア海で観測史上初のサイクロンが発生(2007年6月)。被災したオマーンとイランでは50人が死亡


・スーダンでは雨季入りが例年よりも早く、雨量も異常に多かったため、ナイル川(River Nile)がはんらんした(2007年6月)


・南アフリカや南米の一部で豪雪被害が発生(2007年6月)


・南アジアの豪雨、洪水被害で3000万人が被災(2007年夏)


・欧州南東部の熱波(2007年夏)


(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2265240/2010942



posted by はぶ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

SEXの理由…



 人それぞれなんでしょうが、「性病をうつしたい」って確信犯は止めて欲しい。



「セックスする237の理由」、米大学が研究発表


【8月2日 AFP】「セックスをするには237種類もの動機がある」とする、米テキサス大学(University of Texas)オースティン(Austin)校の心理学者らの研究が、「Archives of Sexual Behavior」誌8月号に発表された。


 研究チームは、学生や大学関係者400人を対象にセックスする動機を調べリストを作成、そのリストを使って学生1500人に対して調査を行った。その結果、セックスをする理由は237種類もあることが分かった。


 研究を主導したシンディ・メストン(Cindy Meston)准教授は、「研究結果は、男性は肉体的理由で、女性は愛情が理由でセックスするという通説に反し、男女差はほとんどなかった」と明らかにした。実際、トップ25のうち20の理由は男女で共通していた。


 この237種類の動機は、肉体的欲求型、感情型、不安型、目標達成型の4つのタイプに分けられるという。


 男女を通じて最も多かったのは「魅力的だったから」。よくある「欲求不満だった」「酔っていた」「愛していた」のほかに、変わったものでは「神に近づきたかった」「相手がかわいそうになった」「自分を罰したかった」などがランクイン。さらに「仕事を得るため」「昇進するため」、あるいは「利用されたかった」「堕落したかった」とするものもあった。


 少数意見として、「性病をうつしたかった」「安眠のため」「頭痛治療に」「子どもがほしかった」などという回答もあった。


 男性の間では45位に入った「相手の瞳が美しかったから」という理由は、女性側では人気がなかった。


 メストン准教授はこの研究はあくまでも学生の性習慣であり、中には「お金を稼ぎたい」「恋人を傷つけたい」など社会的に容認しがたいものもあるとして、注意を促している。


 同准教授はこの調査を行った動機について、「安全なセックスを推奨する計画を効果的に実施するには、セックスをする理由を理解する必要があるからだ」と語った。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2262790/1998015



posted by はぶ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。