血迷いGo!勒へようこそおいでくださいました。
当ブログにはいくつか決まりごとが御座います。
何、たいした事はございません。
気楽に楽しむ為のガイドと思って、どうかヨロシクお願い致します。

 ■決めごと(設定の理由は☞こちら
  • その一、このブログはお気楽に楽しむべし。
  • その二、楽しめない場合は無言で立ち去るべし。
  • その三、このブログで議論しない。例外は管理人(はぶ)が認めたもののみとする。
  • その四、他人への誹謗中傷罵詈雑言及びそれらの類いは厳禁。
  • その五、カキコミが削除された時は決めごとに違反したものと思うべし。
  • その六、大人の礼儀をわきまえ、逆ギレも逆恨みもしない。
  • その七、決めごとは時々の状況によって断りなく変更される。

2007年11月21日

なんか凄いそうです。



 よく解りませんが、尻馬に乗ってみました。



ヒトの皮膚から人工多能性幹細胞を作製、日米の研究者が成功


2007年11月21日15:45 シカゴ/米国


f:id:habu009:20071121224105j:image


【11月21日 AFP】(一部更新、写真追加)日米それぞれの研究チームが、ヒトの皮膚から人工多能性幹細胞を作ることに成功したと、20日に発表した。疾患の治療に利用できるほか、胚(はい)細胞の使用をめぐる倫理問題を回避できるという。


 未分化状態の人工多能性幹細胞は、新薬開発や病因解明に役立てられる。最大の利点は、倫理的に問題とされるヒトの受精卵や卵子を使用する必要がないことだ。


 人工多能性幹細胞の場合、患者自身の遺伝子を使いその患者に拒絶反応なく移植できる細胞を作り出せるため、治療用細胞としての利用が期待されている。


 今回開発された新たな技術により人工多能性幹細胞を大量に培養できるようになるため、がんやアルツハイマー、パーキンソン病、糖尿病、関節炎、脊髄(せきずい)損傷、脳梗塞、やけど、心臓病などさまざまな治療研究における急速な進展が見込まれる。


 胚性幹細胞(ES細胞)は人体に含まれる220種類の細胞いずれにも成長することができるため、「魔法の弾丸」になりうるとみられている。しかし、米国の研究現場では、倫理的問題からヒトの受精卵や卵子を使用することは規制されている上に、ES細胞を研究できる資金や技術的専門知識を持つ研究所はほとんどない。


 米国の研究の主著者である米ウィスコンシン大学のジェームス・トマソン教授は、新技術が非常に単純で普通の研究所でも比較的簡単に再現することができるものだと指摘。「この技術により政治的論争が排除できるため、資金調達も進みそうだ。研究は加速度的に進むだろう」と語った。


 ホワイトハウスは今回の発見について、「科学の高尚な目標と人命の神聖さの双方を傷付けることなく、医学的問題を解決できる方法」と、称賛した。


 ウィスコンシン大学の研究チームと京都大学の山中伸弥教授率いる研究チームはそれぞれ同時期に、レトロウイルスを使って4種類の異なる遺伝子をヒトの皮膚細胞に導入し、人工多能性幹細胞の作製に成功した。京都大学チームは5000細胞から1個の人工多能性幹細胞の作製に成功。一方、ウィスコンシン大学チームは1万細胞で1個だが、京都大学が利用したがんを誘発する可能性のある遺伝子は利用していない。


 両チームの技術とも、遺伝子を運ぶために用いたウイルスのコピーを細胞が保持しているため、突然変異の危険性がある。次の重要な課題は、レトロウイルスに頼らずに、皮膚細胞を幹細胞に変える遺伝子を刺激する方法を発見することだ。


 山中教授は、幹細胞は病気の原因解明や新薬開発に非常に有用だと指摘する。安全性の問題を克服できれば、ヒトの人工多能性幹細胞の細胞移植治療への利用の道も開けるという。一方、人工多能性幹細胞は最終的にはES細胞より有用だと証明される可能性もあるが、前者が後者に取って代わると結論づけるのは時期尚早だとの見方も示した。


 トマソン教授は、人工幹細胞をめぐるすべての問題が解決されるには数年かかるかもしれないとしながらも、最終的にはES細胞と変わらない役割を果たすだろうと語った。(c)AFP/Mira Oberman


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2315157/2377976



posted by はぶ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブライアン名誉学長!



 それにしても歳とったなあ。約30年前Queenファンだった者としては感慨は、んん…それほどでもないが、それよか、ブライアン・メイのカッチョいいモノクロのポスター、どこいったかな?



クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが英大学の名誉学長に


2007年11月21日14:12 ロンドン/英国


f:id:habu009:20071121223451j:image:right


【11月21日 AFP】ロックバンド、クイーン(Queen)のギタリスト、ブライアン・メイ(Brian May)がリバプール・ジョン・ムアーズ大学の名誉学長に任命された。同校が19日に発表した。


 同校の現在の名誉学長はトニー・ブレア前英首相夫人のチェリー・ブレアさんが務めており、メイは2008年2月に同夫人を引き継ぐ形で就任する。


 1974年に博士課程を始めていたが、クイーンの活動が始まったため休学、2006年に復学した。8月には天体物理学で博士号を取得している。名誉学長としての業務は、卒業式の司会と、特別行事への出席などになる予定だ。


「ブライアン・メイは、クイーンのメンバーとして世界的に成功した、たぐいまれな才能を持った人物だ。有名人があふれている現代で、名声、財産、不変の称賛を持ち合わせ、それでも学問と啓発という自己の核となる価値観に忠実であり続ける人はめったにいない」と同校のマイケル・ブラウン(Michael Brown)副学長は語っている。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2315185/2377755



posted by はぶ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

言い分



 野良の命はどうでもいいんかい!同じ生き物だろうが。


 愛護だの保護だのと言うのなら、動物をむやみに殺すなよ。



ネコ射殺の虐待犯か野鳥保護の英雄か、裁判の行方に動物愛好家らが釘付け


2007年11月15日15:43 シカゴ/米国


【11月15日 AFP】米テキサス(Texas)州の動物愛好家の間で、野鳥観察家のジム・スティーブンソン被告が迷いネコを射殺したとして動物虐待罪に問われた裁判の行方が大きな注目を集めている。


 法廷の一角に陣取った野鳥愛好家らは、スティーブンソン被告は野良ネコの餌食になる危険から野鳥を守ろうとしたのだと主張、同被告の訴訟費用を支払うための基金を設立し、ブログで同被告を英雄とたたえている。


 対するネコ愛好家たちは、同被告がペットのネコを殺害した犯人だと反論、実刑判決を望んでいる。


 事件が起きたのは、メキシコ湾に面したガルベストンの海岸。地元紙ヒューストン・クロニクルによると、地元鳥類学会の創設者で、野鳥観察家向けにB&Bを経営しているスティーブンソン被告は、2006年11月に22口径のライフルでネコを射殺した事実については認めた。また、ほかにも自宅敷地内に侵入したネコ数匹を射殺したと認めている。


 ただ、2006年11月に殺したネコが飼いネコだと分かっていたら、射殺などしなかったとして、「野鳥を守るために野良ネコを殺した」と主張、虐待容疑は否認しているという。


 事件当時、動物虐待罪は所有者のいるネコを殺した場合のみ適用されていたことから、スティーブンソン被告の弁護士は、被告の行動は同罪には当たらないと訴えている。


 判決で有罪となれば、最長2年の懲役と1万ドルの罰金が科されることになる。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2311990/2353670



posted by はぶ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と結婚



 やっぱ神秘の国やわぁ。



インドの男性が雌イヌと結婚、15年前の「呪い」解くため?


2007年11月14日17:00 Vilathikulam/インド


f:id:habu009:20071115220856j:image:right【11月14日 AFP】(一部更新)インド南部のタミルナド州のヒンズー教寺院で11日、農民の男性と雌イヌの結婚式が行われた。この男性は15年前イヌ2匹を殺したためにかけられた「呪い」を解くため、雌イヌと結婚したという。


 同州シヴァガンガイ県に住む新郎のSelvakumarさん(34)は、15年前、自分の畑で交尾をしていたイヌ2匹に石を投げて殺し、死体を木に吊るした。するとその数日後、耳が聴こえなくなり話すことも歩くこともできなくなった。


 医師がさじを投げた頃、ある呪術師にこう言われた。「お前は殺したイヌに呪われている。呪いを解く方法はただ1つ。イヌと結婚して添い遂げることだ」


 以来、Selvakumarさんは自分の花嫁となるイヌを探し回った。そして最近になって友人から4歳の雑種のイヌ、Selviちゃんをもらい受けることができ、11日にヒンズー教式の本格的な結婚式を挙げるに至った。


 挙式当日、サリーと花輪をまとったSelviちゃんは、村の女性たちにより寺院に連れて行かれたが、群集に驚いて「逃走」。だがまもなく「夫」の元に連れ戻された。


 新郎の友人の1人は、こうつぶやいたという。「イヌの花嫁は、呪いを解くためだけのもの。呪いが解かれたら、やつは本物の花嫁を見つけるつもりさ」(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2311387/2347256



みんながそう思っています。


posted by はぶ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

はれて公認



 しかし、なぜ修復の時に傾きを直さなかったのか。この日を見越していたのか?



ピサの斜塔より傾いている独教会、ギネスが世界一認定


2007年11月09日14:00 ズールフーゼン/ドイツ


f:id:habu009:20071109210719j:image:right【11月9日 AFP】ドイツ国境沿いの小さな村、ズールフーゼン(Suurhusen)にある15世紀の教会の塔が「世界一傾いている塔」としてギネス世界記録に認定され、一躍脚光を浴びている。


 有名なピサの斜塔の傾斜は3.97度。ところが高さ27メートルのこの教会の塔は傾斜が5.19度で、ピサの斜塔より傾いているのだ。


「ギネス世界記録の日」となった8日に開催された記念イベントで、教会関係者に認定書が手渡された。同教会の牧師Frank Wesselsさんは、「昔から(世界一なのは)わかっていたが、これで公認だ」と喜びを語った。


 地元の歴史学者によると、教会は1450年に湿地帯に建設されたが、19世紀に土地が干上がってしまい、土台が腐ったため塔が傾斜しはじめた。1975年には立ち入りが禁止されたが、10年後に修復が終わると再び使用されるようになった。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2309239/2328868



posted by はぶ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

女神から人へ



 スンゴイですね。だいたいこの確率ってヤツは選挙速報の当選確率と同じくらい胡散臭く感じます。



インドの8本の手足を持つ少女、分離手術に成功


2007年11月07日21:48 バンガロール/インド


f:id:habu009:20071107233650j:image:right【11月7日 AFP】8本の手足を持って生まれた2歳の少女の四肢分離手術を行ったインドの医師団は7日、24時間以上に及ぶ手術が無事成功したと発表した。


 4本の腕を持つヒンズー教の女神にちなんでラクシュミちゃんと名付けられたこの少女は、母胎内で発育を停止した双子の姉妹と結合して生まれた。結合双生児の中でも5万件に1件というまれなケースで、未発達だった部分から臓器なども受け継いでいるため手術は危険が伴うが、このままでは10代まで生きられないだろうと診断されていた。


f:id:habu009:20071107233809j:image:rightf:id:habu009:20071107233932j:image:right この種のものとしてインド初の手術は、バンガロールのSparsh病院で行われ、小児科や整形外科の専門医で構成する36人の医師団が執刀。余分な手足を切除して腎臓のうちの1つを残し、骨盤を再生した。


 手術を終えたラクシュミちゃんは病院の集中治療室で、人工呼吸器を付けて呼吸しているという。


 医師団を率いる整形外科医のSharan Patil医師は、国中が手術の成功を祈ってくれたことに感謝すると述べ、「(成功に)安堵している」としながらも、「術後48-72時間は特別な注意を払う必要がある」と語った。


 医師団によれば、ラクシュミちゃんは容体が安定するまで入院する。(c)AFP/Anil Penna


http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2308421/2321466



posted by はぶ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

ツタンカーメン王の素顔



 そりゃまあミイラですから、こんなもんですが、笑顔の素敵な・・・でもミイラですよね。美少年と言われても…。



ツタンカーメン王の素顔、世界初公開


2007年11月05日09:40 ルクソール/エジプト


f:id:habu009:20071105223531j:image:right【11月5日 AFP】3000年以上前に謎の死を遂げた古代エジプトの若き王ツタンカーメンの素顔が4日、初めて一般に向けて公開された。


 顔を除く全身を白い布で巻かれ、装飾の施された石棺に眠っていたツタンカーメンのミイラは、保存状況の改善のため温度と湿度が管理されたケースへと移された。このミイラは、これまで一握りの専門家しか見ることができなかった。


「王家の谷」の管理責任者Mustafa Wazery氏は、「これからは皆さんもツタンカーメンの美しい顔を見ることができる。彼は出っ歯気味で笑顔のすてきな美少年だ」と語っている。


f:id:habu009:20071105223607j:image:right■顔の修復作業にはCATスキャンも使用 


 ツタンカーメンは、イギリスの考古学者ハワード・カーター氏が1922年にその墓を発掘してから広く知られるようになった。有名な黄金のマスクは重さが11キロもあり、ラピスラズリなどの宝石がちりばめられている。


 ツタンカーメンの墓が発見されたとき、防腐処理を施されたファラオの遺体はサルコファガスと呼ばれる壮麗な装飾が施された3つのひつぎに収められており、うち1つは純金でできていた。


 ツタンカーメンのミイラは、カーター氏が副葬品を取り外した際に18個に分解されていたため、修復する必要があったという。顔は、CATスキャンでミイラから収集した画像を使って、シリコーンで再現された。


f:id:habu009:20071105223632j:image:right■大勢の観光客がミイラ損傷の原因に


 ツタンカーメンを見るため、毎日数百人が王家の谷を訪れていたことから、「訪問客による湿度の上昇で、(石の棺に入れたままでは)ミイラがちりと化す恐れがあった」とエジプトの古代の遺物責任者Zahi Hawass氏は語る。同時にバクテリアや湿度、その他汚染物質が持ち込まれることも、ミイラの損傷の原因になるとされていた。


 ファルーク・アブデルアジズ・ホスニ文化相も「ハワード・カーターが黄金のマスクを外すときに鋭くとがった道具を使ったため、ミイラはすでに損傷を受けていた」と指摘。彼が照りつける太陽に何時間もさらしたことも、ミイラの損傷をさらに進行させていたという。


f:id:habu009:20071105223705j:image:right■専門家はツタンカーメン暗殺説を否定


 エジプト、スイス、イタリアの専門家らは、9歳で即位し19歳の若さで亡くなったツタンカーメンの死因について、これまで有力だった首を殴打されたという「暗殺説」を否定し、左足に負った傷が原因で感染症を併発したと推測している。


 ツタンカーメンは古代エジプト第18王朝の第12代目の統治者で、在位期間は10年だった。暗殺説は、ツタンカーメンが同王朝の最後の統治者だったことに由来している。


 ツタンカーメンの死後、彼の妃アンケセナーメンと結婚した宰相アイが4年間王位に就く。その後、第19王朝のラムセス1世に権力を移譲するまでホルエムヘブが統治した。(c)AFP/Lamia Radi


http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2307274/2313831



posted by はぶ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

お客様、ほどほどに?



 双方ごもっとも?そりゃそうですよね。



シンガポール航空、「A380」個室客に性行為の自粛求める


2007年11月1日12:19


f:id:habu009:20071102205345j:image:right [シンガポール 31日 ロイター] 世界で初めてエアバスの超大型旅客機「A380」の商業運航を開始したシンガポール航空(SIA)は、12の個室からなるスイートクラスの利用客に対し、飛行中に性行為を行わないよう呼び掛ける意向を示した。


 ファーストクラスよりも豪華なスイートクラスは、世界で初めてダブルベッドを搭載。しかし、部屋は防音加工されておらず、完全に閉め切ることもできないという。


 SIAはロイターに対し文書で、同航空の利用客に対しては、どの座席にいても、ほかの乗客や乗務員の気分を害することを行わないとの規範を順守するよう求めると説明。スイートクラスの利用者も例外ではないとした。


 夫人とともに同クラスを利用したトニー・エルウッド氏は英タイムズ紙に対し「(SIAは)ダブルベッド(の席)を販売し、プライバシーと飲み放題のシャンパンを提供しながら、その後必然的に生じることをしてはいけないと言っている」とコメント。


 夫人のジュリー氏もSIAがロマンチックな環境を作るためにあらゆることをしているように思えるとして、「(SIAが)文句を言うべきことではないのではないか」と述べた。


 SIAは先週、シンガポール─シドニー間でA380型機の商業飛行を開始している。


© Reuters 2007. All rights reserved.


http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-28659220071101



posted by はぶ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好奇に過ぎると変人?



 ゾウにそんなことするなんて。。。今なら動物愛護団体に限らず世界中から批難囂々です。



「史上最も奇妙な実験」トップテン、英科学誌が発表


2007年11月02日16:28 ロンドン/英国


【11月2日 AFP】3日発行予定の英科学誌ニュー・サイエンティストに、過去に行われた「きわめて奇妙な科学実験」のうち、トップテンとして選ばれたものが掲載される。以下にその一部を紹介する。


「ゾウにLSDを投与するとどうなるか」:


1962年、LSDがゾウに及ぼす影響について興味を抱いた米研究チームが、人間が服用できる最大量の3000倍となるLSDを、注射器でゾウに投与。その後ゾウは大声で鳴くと倒れた。研究チームは抗精神病薬で蘇生を試みたが、ゾウは一時間以内に死亡。研究チームはAugust journal Scienceが出版した論文の中で、「ゾウはLSDの効果に対して非常に敏感のようだ」と、控えめな結論を述べた。


「死者をよみがえらせることは可能か」:


 1930年代、カリフォルニア大学の科学者Robert Cornish氏は、死体を生き返らせる実験を試みた。血液を循環させるため、アドレナリンと抗凝固剤を注射する間、死体を上下に動かした。


 この実験で物議を醸したCornish氏は大学から追放になったが、その後も実家に研究室を作り実験を継続。研究室には、掃除機とラジエーターの管を利用した人工心肺装置なども備えられていたという。


 死刑執行を待つ囚人Thomas McMonigleがこの実験の被験者に名乗り出たが、カリフォルニア州当局が実験を中止させた。McMonigle囚人が生き返った場合、釈放せざるを得なくなる可能性があるためとされている。


「目を開けたまま眠れるか」:


 1960年、エディンバラ大学の睡眠研究家Ian Oswald氏は、目を開けたまま眠ることは可能か否か調べるため、被験者を募った。実験では、被験者の目をテープで開いたままの状態にして、長いすの上に寝かせた。その後目の前でライトを照らし、足には電極を付けショックを与え、さらに大音量の音楽を流した。


 実験には勇気ある3人が参加。実験の結果、睡眠を妨害するさまざまな試みにもかかわらず、全被験者の脳が12分足らずで睡眠状態になったことが、電子脳波図のモニターから明らかになった。


「シチメンチョウに性的興奮を与える体の部位は何か」:


 ペンシルベニア州立大学のMartin Schein氏とEdgar Hale氏は、雄のシチメンチョウを本物そっくりの雌の模型と同じ場所に入れた場合、本物のメスと同様に熱心につがうことを発見。そこで、何が性的刺激を与えるか調べる実験を行った。


 実験では、オスが模型に対する興味を失うまで、体の器官をひとつひとつ取り除いていった。その結果、尾、足、羽などの部位を取り除いても、オスは模型にすり寄り、発情の鳴き声を出して交尾を始めようとすることが判明。最期に棒の上に頭部だけが残った状態になっても、オスは好意を寄せ続けた。ちなみに、頭のない胴体より棒の上の頭部のほうを好んだという。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2306147/2305932



posted by はぶ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケツ!



 矢張り眺めてしまいます?


 いえ、見入ってしまいます。


 どれどれ。


 あ、触っちゃダメですよ。



「世界一美しいお尻」コンテスト世界大会、優勝者はブルガリア人女性


2007年11月01日10:55 ミュンヘン/ドイツ


f:id:habu009:20071102210909j:image【11月1日 AFP】(11月2日記事更新)下着メーカー大手のトリンプ(Triumph)が主催する“世界一美しいお尻”を決定する世界大会決勝戦が31日にミュンヘン(Munich)で行われ、ブルガリア人女性とルーマニア人男性のお尻が世界一に選ばれた。


 優勝したブルガリアのKristina Dimitrovaさん(19)とルーマニアのAndrei Andreiさん(24)には、1万ユーロ(約165万円)の賞金と国際広告のモデル契約の特典が贈られるほか、「お尻のケガ」に備えた保険(補償期間は 1年)がかけられる。


 3か月前に行われたインターネットによる写真審査では、29か国から1万5000人が自慢のお尻の写真を投稿。サイトを訪れた500万人のうち、登録した13万人が投票を行い、各国から男女のトップ10が選出された。


 決勝には45人の男女が進出し、ファッションやフィットネス業界を代表する7人の審査員によって「世界一美しいお尻」が選ばれた。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2305501/2301233



posted by はぶ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。