血迷いGo!勒へようこそおいでくださいました。
当ブログにはいくつか決まりごとが御座います。
何、たいした事はございません。
気楽に楽しむ為のガイドと思って、どうかヨロシクお願い致します。

 ■決めごと(設定の理由は☞こちら
  • その一、このブログはお気楽に楽しむべし。
  • その二、楽しめない場合は無言で立ち去るべし。
  • その三、このブログで議論しない。例外は管理人(はぶ)が認めたもののみとする。
  • その四、他人への誹謗中傷罵詈雑言及びそれらの類いは厳禁。
  • その五、カキコミが削除された時は決めごとに違反したものと思うべし。
  • その六、大人の礼儀をわきまえ、逆ギレも逆恨みもしない。
  • その七、決めごとは時々の状況によって断りなく変更される。

2008年02月18日

大変です。



 それにしても、ロバって世界中でこき使われてますね。頑張れドンキー!鳴き声変だけど。



キルギスのロバ飼い


2008年02月17日23:59 Kashka-Suu村/キルギス


f:id:habu009:20080218215625j:image:right


【2月17日 AFP】キルギスの首都ビシケク(Bishkek)から約30キロ離れたKashka-Suu村で、ロバ飼いがロバに水を飲ませる光景が見られた。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2352018/2650075



posted by はぶ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20と60とでは大きく違うけど



 我々地球の人類は、文明を自滅させるまでに地球外知的生命体と出逢えるだろうか?ま、この研究はそれが目的じゃないけども。。。



地球型惑星形成に可能な環境が太陽似の恒星の20-60%に、米研究報告


2008年02月18日15:11 ボストン/米国


【2月18日 AFP】銀河系に多数存在する太陽のような恒星の周りで、地球に似た惑星を発見できるかもしれない。その中には、地球外生命体の存在を期待できるような惑星もあるかもしれない。このような研究結果が、米マサチューセッツ州ボストンで開かれる全米科学振興協会の年次総会で18日に発表される。研究はAstrophysical Journal Lettersにも掲載される。


 米アリゾナ大学の天文学者マイケル・メイヤー氏率いる研究チームは、米航空宇宙局のスピッツァー望遠鏡を用い、太陽に似た6つの星の集団を観測した。星の年齢は新しいもので1000万-3000万歳、古いもので10億-30億歳とされる。


 その結果、太陽に似た恒星の20-60%が、地球のように岩石でできた惑星の形成に適した環境にあることが分かったという。


 メイヤー氏は年次総会前日の記者会見で、「太陽に似た恒星の周りにあるガスやちりの進化を調査するのは、惑星系の組成や進化を理解するためだ」と説明。「どのような地球外生命体が出現するかを考えるなら、地球に似た環境の惑星がどれほどあるのかを知りたくなるはずだ」と語った。一方で、地球外生命体をめぐる見解を追究するためには、より多くのデータ、活動、観測が必要だと指摘した。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2352603/2655154



posted by はぶ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球型惑星が見つかったら



 ぜひナメック星と名付けてほしいが、失笑されるだけかな?



太陽系に似た恒星系、国際天文観測チームが発見


2008年02月16日16:55 シカゴ/米国


f:id:habu009:20080218215525j:image:right


【2月16日 AFP】国際天文観測チームは、恒星と少なくとも2つの惑星を持つ恒星系を発見した。恒星の大きさは太陽の半分ほどで、惑星は木星と土星に似ているという。より遠方の恒星を観測していたところ、別の天体がその前を横切ったときに起きる「重力レンズ効果」と呼ばれる明るさの増減が観測されたことが今回の発見につながった。各国のアマチュア天文家らも観測に協力したこの恒星系の研究成果は、14日、米科学誌サイエンスで発表された。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2351513/2646745



posted by はぶ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガニスタンは



 結局、内戦状態に戻っちゃったのか?ただでさえ30年来の大雪で1000人以上の死者に13万頭の家畜被害がでていると云うのに。。。



アフガニスタン南部で爆発、死傷者多数


2008年02月17日22:38 カンダハル/アフガニスタン


【2月17日 AFP】(2月17日 一部更新、写真追加)アフガニスタン南部カンダハルで17日、闘犬大会中に爆弾が爆発し、同州のAssadullah Khalid知事は80人が死亡、多数の負傷者が出たと発表した。


 闘犬はアフガニスタンで冬場の余暇として人気が高く、ある目撃者によれば爆発時500人ほどの観客がいたという。


 この目撃者は「2頭のイヌが勝負を始めた直後に警察車両のそばで大きな爆発音が聞こえ、多くの死体や負傷者を見た」と語った。警察は現場に応援を急派し、救急車や民間の自動車が負傷者を病院に搬送した。


 複数の目撃者が自爆テロのようだったと語っているほか、ハミド・カルザイ大統領の兄弟でもある、ワリ・カルザイカンダハル州議会議長はAFPに対し、タリバンによる攻撃に間違いないと語った。


 一方タリバンのYousuf Ahmadi報道官は、この爆発についてコメントできないとしている。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2352083/2652796



posted by はぶ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今どきの最前線



 そこには兵士よりも圧倒的に多数の一般人がいる。戦争が終われば兵士は帰還すれば済むが、住民は不発弾に怯えながら何十年と暮らさなければならない。それも「致し方ない」ことなのか?そもそも専守防衛の日本にクラスター爆弾が何故必要なのか理解できない。



クラスター爆弾禁止なるか、ウェリントン会議が開幕


2008年02月18日18:12 ウェリントン/ニュージーランド


【2月18日 AFP】 不発弾による民間人への被害が問題視されているクラスター(集束)爆弾の禁止条約制定を目指す国際会議が18日、ニュージーランドのウェリントンで5日間の日程で開幕し、100か国の代表が参加した。参加各国は条約制定の賛否に関するそれぞれの立場を正式に表明する見込みだ。


 今回の会議は、世界約200のNGO連合「クラスター爆弾連合」が提唱し、前年2月に始動させたクラスター爆弾禁止条約制定に向けたイニシアチブ「オスロ・プロセス」の一環。5月に別途、アイルランドのダブリンで開かれる会議で条約の採択を目指す。


 これまでに約83か国が支持を表明しているが、米中露といったクラスター爆弾の製造大国は反対の姿勢を崩していない。


 CMCには、対人地雷禁止条約の制定運動を推進し、1997年にノーベル平和賞を受賞した「地雷禁止国際キャンペーン」の幹部らも参加している。


 CMCのコーディネーター、トーマス・ナッシュ氏によると、1年前のオスロ会議ではわずか46か国だった参加国が今回は122か国まで増え、代表者数は500人以上になったという。


 CMCによると、フランス、ドイツ、日本、英国は、特定爆弾の禁止対象からの除外、移行期間の設定、条約未締結国との合同軍事行動ではクラスター爆弾の使用を認めるなど、条文の規制内容を緩和するために外交圧力をかけているという。


 クラスター爆弾は、1発で多数の子爆弾を広い範囲にまき散らす兵器で、不発弾として残った子爆弾は戦闘終結後、何十年も民間人に被害をもたらす。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2352666/2655500



posted by はぶ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

地球の皮膚病は手遅れなのでしょうか…



 海底開発が進めば、当然海の環境悪化も進むわけで…。。。



世界の海で人類活動の悪影響、米研究報告


2008年02月15日23:26 シカゴ/米国


【2月15日 AFP】地球上の海のほぼ全域が人類活動による環境破壊の危機に瀕していると警告する研究論文が、米科学誌サイエンスに掲載される。ハワイ大学のキム・セルコー研究員らがまとめたこの論文は、人類の活動が海洋生態系に与える影響を初めて地球規模で研究したもの。


 これによると、各地の沿岸海域は排水で汚染され、カキ養殖場や漁場が消滅しつつあり、かつての大海原には小国ほどの大きさのゴミの島々が点在。海鳥やクジラも、船が残すゴミや原油により打撃を受けている。


 しかし、最も深刻な被害は気候変動によるものだ。「気候変動は、広範囲にわたって深刻な影響を及ぼしている」とセルコー氏は指摘する。


 北大西洋では1995-2005年の間に大幅な水温上昇が観測されている上、さらに広い範囲で地球温暖化による海水温の上昇が予想されているからだ。


 海水温の上昇はプランクトンの大繁殖を招き、食物連鎖における種の構成を大きく変化させ、さらには海洋生物の病気発生率を高めるうえ、海洋循環をも変化させてしまうという。


 また、二酸化炭素(CO2)を吸収した海水は酸性化し、海産植物も紫外線の増加による影響を受けている。


 セルコー氏は、さらに驚くべきこととして、全海域に生息する魚の80%が捕獲されている事実を挙げる。セルコー氏の説明によると「あらゆる海に漁船が待ちかまえており、魚が逃げ隠れする場所がない状態だ」という。


 人類が必要最低限の漁獲だけを行っていれば海洋生態系への影響も限定的だ。しかし、商業目的の大量漁獲の影響は大きく、商品にならない魚や網にかかって死んだ鳥類、海洋生物が大量に海に廃棄される。


 実際にカメや海鳥、クジラ、イルカの中には絶滅の瀬戸際に立たされている種も多い。


 気候変動、大量漁獲に次いで海洋被害の主因となっているのが、海上を往来する大量の船舶がもたらす燃料漏れや騒音だ。こうした船舶がさんご礁や大陸棚などを迂回するだけでも、海洋生物への影響は大幅に減少するという。


 セルコー氏らによると、最も被害が深刻な海域は、北海の大部分と南シナ海、東シナ海、カリブ海、北米大陸東岸、地中海、紅海、ペルシャ湾、ベーリング海、それに太平洋西部の複数海域だという。


 一方、被害が小さい海域はわずか3.7%で、そのほとんどが氷に覆われ人類活動が制限される両極地域だという。


 しかし、論文共著者のNational Center for Ecological Analysis and Synthesisのキャリー・カッペル氏は「残念ながら、地球温暖化の影響で極地域の氷床も溶解しつつあり、人類活動が活発化している。これにより未開だった地域でも生態系が急速に悪化する恐れがある」と指摘している。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2351166/2644876



posted by はぶ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローンの選手を派遣すれば?



 一応アマチュアなんでしょ?だったらマスクぐらい個人の裁量に任せたらどうよ?まるで茶番劇やね。選手たちが可哀相です。



英選手団はマスクで北京五輪参加も、大気汚染対策で


2008年02月15日17:20 ロンドン/英国


f:id:habu009:20080216123129j:image:right【2月15日 AFP】英国の五輪委員会が今年8月に開催される北京五輪で、同国選手団に必要に応じて大気汚染防御マスクの着用を認めることを検討している。


 サイモン・クレッグBOA専務理事は14日の英タイムズ紙で、「競技上の問題」だと指摘し、「ライバルに勝ち、メダルを獲得するのがわれわれの目的だ」と強調した。


 また、「中国当局が8月までに問題に対処し、選手が対策を取らなくてもよくなるよう望んでいる」と述べる一方、「わが国の選手が有利に戦えるよう配慮するのがわれわれ(BOA)の役目。選手が最高のパフォーマンスを行える環境を整えるため、あらゆる戦略を実施する必要がある」と語った。


 BOA広報は14日午後、競技中のマスク着用についてはまだ検討中だと発表している。米、オーストラリア、カナダの各五輪委員会は、競技中の選手のマスク着用は認めない見通しだ。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2351191/2645276



posted by はぶ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛情というより我が儘。



 金儲けの是非ではなく、命の尊厳に対する謙虚さがまるでない。その先に在る問題を見ようともせず目の前の餌に飛びつく餓鬼そのもの。



韓国企業がクローンペットを商業化、世界初


2008年02月15日19:04 ソウル/韓国


f:id:habu009:20080216123132j:image:right


【2月15日 AFP】韓国のバイオ関連ベンチャー、RNLバイオが、米国人女性からクローン犬の注文を受けた。クローン犬の作製技術が商業利用されるのは世界初。


 注文は米カリフォルニア州在住の身体の不自由な女性からで、死んでしまったペットのピットブル種犬「ブーガー」のクローンを誕生させて欲しいという内容。受注額は15万ドル(約1600万円)。


 RNLバイオのラ・ジェンチャンCEOが英字紙Korea Timesに語ったところによると、依頼主の女性はブーガーに生活を支えられてきたため、ブーガーがクローンとして生き返ることを熱望しているという。


 欧米では高額を払ってでも愛犬のクローンを求める人は多く、ラ氏は数年後には米国などの富裕層から500件近くのクローンペットの注文があると見込んでいる。


 RNLバイオが契約業務などを担当する一方、クローン技術は2005年に世界初のクローン犬を誕生させたソウル国立大学が提供する。注文主の女性が冷凍保存していたブーガーの耳の組織をもとに、クローン犬を誕生させるという。


 RNLバイオのチョ・ソンリョル営業部長によると、クローン犬の誕生に成功したのは今のところソウル大だけで、クローン犬が商業的に作製されるのは画期的な出来事だという。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2351345/2645590



posted by はぶ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

世界遺産も美白?




タージ・マハル、泥パックで変身中


2008/02/13 VOICE OF INDIA



〈アーグラー〉新世界7不思議の1つに選ばれたタージ・マハルに、泥パックが施されている。この泥パックは外観を美しくさせるという、人間が美容のために行うパックと同じ効能を求めたもので、インド考古学調査会の監修のもとで行われている。この愛の記念碑が泥パックされるのは初めてのこと。


 この泥パックは12日から始まり、17世紀に完成したこの記念碑に蓄積された汚れやホコリを取り除く。


 泥パックはインド伝承医学、アーユルヴェーダでも使われる美顔術で、パックに使われる泥は北インド各地から集められた。12日には霊廟のウェスタンアーチの部分に泥パックが施されたが、4本すべてのアーチにも施される。


 専門家によると、この施術で再び美しい外観を取り戻せるという。泥が乾き剥がれ落ちた後は、蒸留水を使い柔らかなブラシで磨かれるという。


 この作業は15人で行われており、約1ヶ月かかる。


http://www.voiceofindia.co.jp/content/view/837/78/



posted by はぶ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お国かわれど考えることは同じ。




目見えないと偽り40年の男、運転中に検問受け逮捕


2008年02月15日04:40 ローマ/イタリア


【2月15日 AFP】目が見えないと偽って、40年間も不正に年金を受給していたイタリアの男(70)が、車を運転していた際に検問を受け事実が発覚、逮捕された。同国のニュース専門チャンネルSky TG24が14日、伝えた。


 警察の調べでは、男は同国北部スペツィアで、警察官に免許証の提示を求められたが、提示することができなかった。


 その後、警察官が男の医療記録を照会、100%目が見えないと登録されていたことが分かった。検問を受けた際、男は「非常にそわそわ」していたという。


 この男は40年間、不正に年金を受給していた上、元雇用主からほかにも便宜を図ってもらっていた。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2350940/2643281



posted by はぶ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生懸命勉強して一生懸命頑張って



 こういうことを正々堂々と言える恥知らずな鉄面皮になってこそ、政治家として一人前。



インドはこれ以上の核拡散に反対:ムカルジー外相


2008/02/06 VOICE OF INDIA


<ニューデリー>インドのプラナーブ・ムカルジー外相は5日、インド防衛問題研究所(IDSA)のアジア安全保障会議で「インドはこれ以上核を保持する国が増えることを望まない。国際的な安全保障を脅かすだけだからだ」と語った。


核拡散に関して、ムカルジー外相は、「核拡散の防止とは、核兵器を製造する能力を得ようとする国家のみを対象にして言っているのではない。核物質、または完成された核兵器に手を伸ばそうとしているテロリスト・グループをも対象にしている」と強調した。


http://www.voiceofindia.co.jp/content/view/815/76/



posted by はぶ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窮地に追いやられるスマトラトラ



 言いたかないけど、言いたくなる。物欲まみれの金持ちこそ地球の敵、強いては人類の敵。殲滅スべし!俺は赤軍か?



絶滅に向かうスマトラトラ:トラの身体の部分が次々に売買


トラフィックネットワーク報道発表 2007年11月21日


f:id:habu009:20080215144306j:image:right


【英国・ケンブリッジ、スイス・グラン発】本日発表されたトラフィックの報告書によれば、スマトラトラという絶滅のおそれが極めて高いトラを保護するのに、法律が機能していないことがわかった。インドネシアの市場でトラの部分が売られていたのである。


 スマトラ島にある28の都市や町で2006年におこなわれた調査から、326の小売店の10%において、トラの犬歯、ツメ、毛皮、顔の体毛、骨といったトラの部分を販売していることがわかった。小売店とは、貴金属店、土産品店、中国の伝統薬店、骨董品店、宝石店などである。


 犬歯の数から、同調査は、こうしたトラの部位からなる製品を作り出すのに、23頭のスマトラトラが殺されたと推定している。


 「1990年から2000年にかけて、毎年52頭のスマトラトラが殺されていたという推定値からは少なくなっています。しかし、利用されるトラの数が減っているのは、悲しいことに、野生下のトラの数が減少しているためという見方が成り立ちます」とトラフィックサウスイーストアジアのプログラムオフィサーであり、本報告書“インドネシアのスマトラ島でトラの取引がふたたび起きている”の主著者であるジュリア・ヌグは言う。


 今回トラフィックがおこなった調査の全体から、スマトラ島北部の中心都市メダンと、そこから15km離れた小さな町パンクール・バトゥがトラの部位の取引に関して、主要集積地としての役割を果たしているのがわかった。


 トラフィックでは、インドネシア政府当局に対し、関与している取引業者の詳細について定期的に報告している。それにも関わらず、そのことに対して何らかの実効性ある措置がとられているかどうか明確ではない。


 「トラフィックの成果をあげた調査は、スマトラトラが絶滅に向かって、その部分を次々と利用されていることを示している。これは、法の実効性の危機である。もしインドネシア政府当局が国際社会からの助けを必要とするならば、そうすべきである。そうしないのならば、インドネシア政府当局は、法の実効性の問題を真剣に考えていることを目に見える形で示してみせるべきだ」とWWFの野生生物保護プログラムのディレクターであるスーザン・リーバーマンは言う。


 「取引業者を指導して違法取引をやめさせる」という有効な法執行に、持てる労力を集中すべきであると、この報告書は提言する。取引のホットスポット(重要地点)のモニタリングは継続的におこない、インドネシア政府当局が行動を起こせるように、すべての情報は伝えられるべきである。トラやほかの野生生物に関する取引で、刑罰に値すると見受けられるものは、法律を最大限に適用して処罰すべきである。


 「私たちは野生生物取引の問題に取り組まなくてはいけません。ただ、現在のところ、私たちはほかにも多くの重大な問題に直面しているのです。不幸にも、それがスマトラトラの個体数減少につながっています。私たちは、スマトラ島における土地利用の転換、生息地の分断、人とトラの軋轢、貧困といった問題と悪戦苦闘しているのです。土地利用の転換と生息地の分断は、トラを人の居住地に近づけ、人とトラの軋轢の問題を生んでいます」とインドネシア森林省の生物多様性保全ディレクターのトニー・ソエハルトノは言う。


 2007年にバリで開催された気候変動の会議中、インドネシアの大統領は、トラ問題への取り組み強化として“スマトラトラ保護戦略とその行動計画2007-2017”を発表した。


 スマトラ島の残り少ないトラは、パルプ・製紙産業とパーム油産業による森林の無秩序な伐採による脅威にもさらされている。生息地の喪失と違法取引という複合的な脅威を前にして、ただちに問題解決に取り組まなくては、インドネシアのトラは死亡宣告を受けることになるだろう。


 「スマトラトラは、すでにIUCNのレッドリストの絶滅危惧種の中では最上位(CR:近絶滅種)に入っています。これは、野生下では絶滅する一歩手前の状態にあることを意味します。このすばらしい生き物を失うことは耐え難いことです」とIUCNの野生生物保護プログラム責任者のジェイン・スマートは言う。


 「スマトラトラの個体数は400-500頭よりも少ないと推定されています。もしも密猟と違法取引が続くならば、ジャワトラとバリトラが絶滅したように、スマトラトラもまた消えゆく運命にあることは、数学者の力を借りなくてもわかります」とジュリア・ヌグは言う。


 インドネシアは現在、ASEANの野生生物執行ネットワークの議長国である。したがって、「インドネシアが、トラの部位を含む違法な野生生物取引に対して行動を起こすことによって、ほかのASEAN諸国に対してリーダーシップを示して見せるべき」と、同国のトラフィック事務所のコーディネーターであるアニ・マルディアストゥティは提言をおこなっている。


NOTES:


スマトラトラはIUCNのレッドリストでCRに分類されている。また、ワシントン条約の附属書 I に記載されている。さらに、インドネシアの「生物資源と生態系に関する1990年法律第5号」で保護動物に指定されている。


http://www.trafficj.org/press/20080213n.htm



posted by はぶ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

誰も驚きませんね。



 我々はこのような偽の情報をでっちあげて偉大な北朝鮮人民共和国を貶めんとする卑劣な行為の即時停止を要求する。さもなくば、その整形二重をぶん殴るぞ!__な〜んてニュースで言わないかなぁ。ほんとに、国家権力ってやつは…。。。



韓国の対北コメ支援、一部が前線の軍隊に流出、韓国軍関係者


2008年02月14日 15:17 ソウル/韓国


【2月14日 AFP】韓国が人道支援として北朝鮮に供与したコメの一部が、北朝鮮軍最前線に送られているとの報道について、韓国軍関係者が14日、南北間の非武装地帯の韓国軍兵士が、隣接する北朝鮮の軍基地で兵士らが韓国赤十字の印のついたコメの袋をトラックから降ろすのを数回にわたって目撃したと語った。


 この軍関係者によると、2006年後半から東部前線の北朝鮮軍の基地で同様の行為が繰り返し確認されており、その様子を撮影した写真もあるという。


 これについて韓国の朝鮮日報と聯合ニュースは、回数は10回ほどで総計400袋以上が軍に渡ったと報じた。


 国際人権監視団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは2007年10月、公務員の腐敗と監視体制の欠如から、韓国の支援米が北朝鮮国民に届いていないと指摘していた。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/politics/2350699/2640679



posted by はぶ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大胆不敵。



 どうも毛同志は発言が偉大すぎて我々凡人にはついて行けませんな、周同志。ホントに世話のやける同志だよ。



人口問題、故毛沢東主席の「秘策」


2008年02月14日16:03 ワシントンD.C./米国


【2月14日 AFP】(写真追加)1973年に行われた、中国の毛沢東国家主席(故人)とヘンリー・キッシンジャー米大統領補佐官(当時)の会談で、毛主席が米国に1000万人の中国人女性を送ると冗談めかして語っていたことがわかった。12日に発表された、1973-76年の米中外交に関する米国務省の外交文書で明らかになった。


 同文書によると、貿易問題に話が及んだ際に毛主席は「(中国は)非常に貧しい国だが、余っているのは女性だ」と語り、笑いを誘ったという。そして、中国人女性1000万人の米国への移住を提案し、そうすることで米中貿易が促進できると指摘する一方で、中国と同様に人口爆発によって米国は「痛手」を被るだろうと語ったという。


 これに対し、キッシンジャー補佐官は、米国には中国人女性の「受け入れ制限」や「関税はない」と応じ、会談は笑いに包まれたという。


 話題が一段落したところで、リチャード・ニクソン米大統領(当時)の下で国家安全保障を担当していたキッシンジャー補佐官は、ソ連の脅威などの国際問題に話題を移そうとした。


 ところが、毛主席は中国人女性の話題を再び持ち出し、「大量の中国人女性が米国に行ってくれれば、米国の利益は損ねるが、わが国の重荷は軽くなる」と語ったという。さらに、「わが国の女性が多すぎるから、人口も多すぎるのだ」として人口増加への懸念も示したという。


 キッシンジャー補佐官が「あまりに意外な提案なので、検討する必要がある」と答えたところでやっと話題が国際問題に移った。


 会談に同席した中国の外務副大臣が、会談の議事録が公開された場合、「国民の怒りをかう」として懸念を示し、毛主席とキッシンジャー補佐官も議事録の廃棄に同意したという。


 会談後、キッシンジャー補佐官が記者会見でこの話題を持ち出すと冗談を言うと、毛主席は「別に構わんよ」と答えたという。


 1973年2月17日に毛主席の自宅で行われたこの会談は、周恩来首相(当時)も同席し、深夜までの長時間に及んだ。(c)AFP/P.Parameswaran


http://www.afpbb.com/article/politics/2350553/2640994



posted by はぶ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気者とはいえ



 直球ド真ん中!



サルコジ夫婦がブルガリアの「離婚のない村」から招待


2008年02月14日16:54 ソフィア/ブルガリア


【2月14日 AFP】ニコラ・サルコジ仏大統領(53)と新妻のカーラ・ブルーニさん(40)の夫妻は13日、「村民が決して離婚しない」との言い伝えがあるブルガリアの小さな山村から訪問の招待を受けた。


 このZaburd村は、ロドプ山脈の中心部にある人口数百人の小さな村で、ここの住人で離婚した人はいまだかつて1人もいないとされている。


 この村では伝統的に、新婚カップルは「永遠に離れない」という誓いのしるしに観覧車に乗る。そこで村長は、2人を公式に招待し、この観覧車に乗ってもらうことにしたのだという。


 サルコジ大統領は前年7月、エイズを子どもたちに故意に感染させたとしてリビアで死刑を宣告されていたブルガリア人看護師6人の解放に尽力した。そのため、同大統領はブルガリアで大変な人気者なのだと、村長は語っている。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2350735/2641089



posted by はぶ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ONE WORLD !



 続表です。



「ものすごい力が湧き出た」、200年を経てアボリジニに公式謝罪・豪政府


2008年02月13日20:23 キャンベラ/オーストラリア


【2月13日 AFP】オーストラリアのケビン・ラッド(Kevin Rudd)首相が13日、先住民アボリジニに対する過去の差別的政策について議会で謝罪したことを受け、同国内で即日、賛否両論が巻き起こった。


 同日ラッド首相は議会での約30分にわたる「歴史的演説」で、220年前に初の白人入植者たちがシドニー・コーブに上陸して以来、アボリジニに対して重ね与えてきた不当や侮辱について語った。雄弁な演説の中でも最も注目されたのは「お詫びする(sorry)」という謝罪の言葉で、首相はこれを6回繰り返し、そのたびに議会傍聴席に集まったアボリジニなど約3000人は歓声や口笛、旗を振るなどして歓迎を表現した。


 パースやシドニー、メルボルンなど国内の大都市では、屋外の巨大スクリーンで演説が生中継され、首相が謝罪するシーンが繰り返し映し出された。また各地の学校ではこの中継を見るための特別集会がもたれた。


■アボリジニにとって「ベルリンの壁の崩壊」


 首都キャンベラの街頭では、市民とともに数千キロの遠方から足を運んだ多くのアボリジニたちがラッド首相の映像を見つめた。記念式典の花火の煙が立ち込め、謝罪の言葉が流れると、立ったまま頭をうなだれる者や泣き始める者もいた。また、先住民の力を示す方法で拳を突き上げたり、式典に参加できなかった親族の写真を抱えた者もいた。


 アボリジニの男性、Darryl Towneyさんは「わたしの人生で起こったことの中で、われわれの民にとって最も意義深いことだ。アボリジニにとってのベルリンの壁の崩壊だ」と語った。11月の総選挙で首相に就任した労働党のラッド氏が、議会での初の公務として和解の意思表示をしたことに敬意を表するとも述べた。「謝罪まで200年かかったのは遅すぎるが、それでもラッド首相のしたことはアボリジニにとって多くの意味がある」


 アボリジニの学生Andi Kirwinさんは、首相の「お詫び」という一言を聞いた時、これまで背負っていた重荷が下りた気がしたと話した。ジョン・ハワード前首相が拒否したこのたった一言に、大きな象徴的な意味があるという。Kirwinさんは「ものすごい力が湧き出てくるのを感じた。感情がわきあがってくる瞬間だった」と涙を拭いながら語った。「わたしたちに何が起こったのかを認める言葉。これまでのすべての“否定の年月”が終わったと思う」


■野党党首の「正当化」には怒りの声


 一方、群集からは謝罪に対する野党党首の反応に怒る声もあがった。


 議会では、自由党のブレンダン・ネルソン党首がラッド首相による謝罪動議を支持するとしながらも、政府の過去の政策には善意に基づいたものもあると述べ、アボリジニ・コミュニティーの一部にみられた児童に対する性的虐待発生率の高さなどを根拠に挙げた。


 キャンベラの街頭ではネルソン党首が語る様子がスクリーンに映し出されると、群集は画面に背を向け「恥を知れ」などと罵声を浴びせた。


 Kirwinさんは、ハワード前首相の後継として同党党首に就任したネルソン氏の発言について「なぜ彼はただ一言、ごめんなさいと言うことができないのか」と怒りをあらわにした。


 パースでは怒った集会の主催者がスクリーンの電源を引き抜き、スクリーンは何も映さなくなった。


■非先住民も圧倒的な「和解歓迎」


 キャンベラの街頭に集まった群集はアボリジニだけではなく、大半は「和解」に対する支持を示すために集まった白人系の市民だった。


「白人のオーストラリア人であるわたしにとって、今日は始まりの日。白人とアボリジニ・コミュニティーの架け橋を作るためにこれでわれわれは動き出せる」と同市に住む公務員、Annie Kentwellさん述べ、ラッド首相の謝罪は白人の間でも圧倒的な支持を得ていると語った。(c)AFP/Neil Sands


http://www.afpbb.com/article/politics/2350297/2635836



posted by はぶ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

スーダラ節



 先進国のお偉いさんも、発展途上国のお偉いさんも、世界中の立派な人たち、みーんなみーんな自分たちを棚に上げて最後は持続的経済発展のためやむなし。取り敢えず、取り敢えず。そんなこと、一般人がしていたら上司にどやされますけど。どないでっか?



アジアで食料価格高騰、貧困層に大打撃


2008年02月12日19:59 香港


【2月12日 AFP】アジア一帯で食料価格が高騰し、貧困層に打撃を与えている。各国の街頭で市民が抗議デモを繰り広げるなど問題は拡大化しているが、専門家によると価格の上昇に歯止めがかかる気配はない。


■世界の食料価格前年比40%増


 食料需要の増加に石油価格の高騰や地球温暖化の影響などがあいまり、コメや麦、牛乳といった必須食品の高値が恒久化する恐れもある。国連食糧農業機関のアブドレザ・アバシアン穀物担当上級アナリストは、さまざまな指標がすべて高値を示していると警告する。


 FAOの統計によると2007年、食料価格は世界全体で40%近く上昇し、ミャンマーやパキスタン、インドネシア、マレーシアなどで抗議デモが相次いだ。しかし、価格高騰の主要原因はアジアの経済成長だと国際食糧政策研究所のヨアヒム・フォン・ブラウン氏はいう。


■農への投資不足、食の変化、石油高騰・・・


 アジア地域では経済成長により食料需要は増える一方で、多くの貧困層が苦境に立たされえていると同氏は指摘する。貧困層の場合、わずかな収入に食費が占める割合は優に50-70%に達する。「農業分野、特に農業科学技術の開発や用水路整備への投資も不足している」(ブラウン氏)。


 全体的な食料需要の増加に加え、肉食嗜好の広がりも、食料価格上昇に拍車をかける要因となっている。畜産飼育には大量の穀物が必要になるからだ。


 それだけではない。干ばつや悪天候、石油価格高騰による輸送費の増加、バイオ燃料需要の急増とその備蓄高の不足といったことも、食料価格高騰の要因となっていると専門家はいう。たとえば、欧州および米国では、寒冷気候により穀物収穫高が減少。アジアでは、鳥インフルエンザや中国のブタの伝染病など、家畜の疾患のせいで肉類の供給に影響が出ているという。


■地球温暖化でアジアの穀物収穫10%減少か


 悪天候の影響で最も大きな打撃を受けているのがバングラデシュで、前年はサイクロンにより6億ドル(約640億円)相当の稲作が被害を受けた。今年のコメ価格は前年比70%増と急上昇、1キロ当たり50セント(約53円)前後となっているが、同国の国民の1日の生活費は1ドル(約106円)に満たない。


 すでに食料価格の上昇により暴動発生などが懸念されていた中国でも、稲作地帯が歴史的な悪天候と豪雪に見舞われたばかりだ。


 こうした異常気象の原因を地球温暖化だと断言することに専門家らはいまだ慎重だ。しかし米スタンフォード大学の研究は、南アジアでは2030年までに気候変動が原因でアジアのアワ、トウモロコシ、コメの生産高が10%減少するだろうと指摘している。


 こうした傾向からアジア各国の政府は、食料価格高騰とそれをきっかけとする暴動の可能性を懸念し対策に乗り出している。インドネシアは米国から大半を輸入している主食、大豆の輸入関税を下げると同時に、輸入依存を抑制しようとしている。マレーシアは政府が食糧備蓄制度を開始する予定だ。マレーシアでは最近、食料価格高騰に抗議した活動家数十人が逮捕された。


 ベトナムは前年のインド同様、コメの輸出を一時停止した。経済評論家らは価格高騰につられる形で食料供給もいくらかは増加するというが、マニラにある国際稲研究所の開発担当ディレクター、ダンカン・マッキントッシュ氏はそれほど簡単な問題とは思えないという。「ミャンマーでコメの生産高が増え、インドネシアで少しは代替農地が使用できるかもしれない。しかしすぐに効果をもたらせるような大きな要因はない」


 同氏は、アジアで都市化と工業化により農地が減り、少ない水資源をさらに吸い上げているとも付け加えた。(c)AFP/Sunil Jagtiani


http://www.afpbb.com/article/economy/2349909/2632698



posted by はぶ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きな通過点



 今後、盗んだものを政府は返してゆかねばなりません。あまりにも大きな責務だけども。ひとまず拍手!



豪ラッド首相、議会でアボリジニに歴史的謝罪


2008年02月13日11:04 キャンベラ/オーストラリア


f:id:habu009:20080213201237j:image:right


【2月13日 AFP】オーストラリアのケビン・ラッド首相は13日、白人の入植に伴い2世紀にわたり同国先住民のアボリジニに対して行われた不当な行為について、議会で謝罪した。


 同首相は、「歴代の議会・政府の法や政策によって、われわれの仲間であるアボリジニに多大な悲しみ、苦しみ、損害を負わせたことを謝罪する」と述べた。


 今回の謝罪は同国の歴史における重要な分岐点とみなされており、その様子は主要テレビ局によって生中継され、主要都市に設置された巨大スクリーンの周りには大勢の人たちが集まった。


 議会付近には歴史的和解の様子を見ようと、全国から約1000人のアボリジニが集まった。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/politics/2350030/2632284



関連記事




posted by はぶ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅いって気がしないではないが



 ま、個人にはいろいろ事情ってモノがありますがね。


 関連記事としてAFPのダルフール特集とチャド特集のそれぞれの一覧ページをリンクしておきましたが、中国政府の対応はもはや虐殺幇助です。常任理事国がこんなんで良いのかな?



スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問を辞退


2008年02月13日13:20 ワシントンD.C./米国


f:id:habu009:20080213201158j:image:right


【2月13日 AFP】 米映画監督スティーブン・スピルバーグ氏は12日、中国政府がスーダン西部のダルフール地方で続く紛争の解決に十分尽力していないとして、今夏開催される北京五輪の芸術顧問を辞退すると発表した。


 スピルバーグ氏は「現在もスーダンで続く人道犯罪の責任はスーダン政府にある。スーダン国民の苦難を終結させるために国際社会、特に中国はさらなる尽力が必要だ」と訴えたうえで、「北京五輪の外国人芸術顧問として開・閉会式プロジェクトに関わってきたが、これを正式に退くこととした」とする声明を発表した。


 国連の推計によると、ダルフール地方では、アラブ系の政府軍および民兵組織と非アラブ系反政府勢力間の紛争が勃発した2003年以降、戦闘、飢餓、病気などで約20万人が犠牲になっている。


 スーダン政府と経済分野などで緊密な関係を持つ中国には、国際的取り組みの糸口としてダルフールの危機打開をスーダン政府に働きかける役割が期待されている。


 スピルバーグ氏は「中国政府に対しては、ダルフール地方に安全と安定をもたらすべく、スーダン政府に対する影響力を行使するよう繰り返し促してきた」と述べたうえで、自身の良心に従い「現時点において、わたしの時間と全エネルギーは五輪ではなく、ダルフールで続く非人道的な犯罪の終結に注がれるべきだと判断した」と辞退理由を説明した。


 北京五輪に国際的な関心が集まる中、スピルバーグ氏のほかにも、ノーベル賞受賞者や五輪選手らも同日、胡錦濤国家主席に宛てて、スーダン政府に圧力をかけダルフールでの非人道的行為を停止させるよう要請する書簡を送っている。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2350134/2635689



関連記事




posted by はぶ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 人道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

最後に生き残る人々



 人類の文明が現状のままである限り、人類の最先端はここにある。



カンボジアのゴミ山で働く少女「学校に行きたい」


2008年02月10日22:31 発信地:プノンペン/カンボジア


f:id:habu009:20080211123733j:image:right


【2月10日 AFP】カンボジアの首都プノンペンにある約40ヘクタールのゴミ集積所で、12歳の少女Chek Toyが再利用できる物を探している。


 Chek Toyが朝から晩まで働いて50セント(約53円)の稼ぎになる。家族全員での1日の収入は5ドル(約530円)。疲れたときや友だちと遊びたい時には仕事を休むこともあるというChek Toyは、学校に行きたいと話す。


 保健団体は、この集積所の土壌には化学物質の焼却により高濃度の発ガン性物質ダイオキシンが含まれており、非常に健康に悪いと指摘している。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2348926/2609464



posted by はぶ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。