血迷いGo!勒へようこそおいでくださいました。
当ブログにはいくつか決まりごとが御座います。
何、たいした事はございません。
気楽に楽しむ為のガイドと思って、どうかヨロシクお願い致します。

 ■決めごと(設定の理由は☞こちら
  • その一、このブログはお気楽に楽しむべし。
  • その二、楽しめない場合は無言で立ち去るべし。
  • その三、このブログで議論しない。例外は管理人(はぶ)が認めたもののみとする。
  • その四、他人への誹謗中傷罵詈雑言及びそれらの類いは厳禁。
  • その五、カキコミが削除された時は決めごとに違反したものと思うべし。
  • その六、大人の礼儀をわきまえ、逆ギレも逆恨みもしない。
  • その七、決めごとは時々の状況によって断りなく変更される。

2010年04月21日

愛すランダー



タイトルはたまたまです。まあ、人生にはこう云うことも起こりえるってもんさ。慌てるこっちゃねえ。

いやはや、アイスランドの人たち、すんごいわ。まあ、しかし、大騒ぎするのは何時だってマスコミだけどね。とはいえ、人生で2度は噴火を見るとは。
posted by はぶ at 19:54| Comment(1) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごっつぁんです



ガーデニングで森より寄付金で植樹してもらった方が早い気もするが、他人の夢にケチをつけるもんやないね。
だからと云うわけではないが、結構似合ってる気がする。日本のマスコミは変な茶々を入れるなよ。
ところで、意味不明なタイトルでゴッツァンです。
posted by はぶ at 19:45| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

何ごとにも限界があります



わりと、いや、かなり温かく応援していた一人だと思うんです私って人はね。でもね、さすがにね、もうね、いいかげん何とかしてくんない?!
posted by はぶ at 21:44| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤っ恥!ダジャレで失礼



TVのニュースじゃ、逮捕に向かった治安部隊が逆に赤シャツ軍団に包囲されてホテルから身動きできなくなったとか。
混乱がどんどんエスカレートしてゆくと軍のクーデターもあり得るのでは?
posted by はぶ at 21:37| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスランド火山、そういえばポーランド国葬があったんだねえ



忘れてたけど、大変やねえ。
TVのニュースで「早く帰りた〜い」と泣きごと言っていたハネムーンの男が頼りなさそうだったのが、印象的だった。
posted by はぶ at 21:25| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

亜流



iPadは日本じゃ売れないとかピントがズレたこと言ってる場合じゃござんせんよ。亜流もしくはバリエーションなどの出現は、iPadが一つの新しい領域を開拓した確固たる証拠でもある。
確固たるローテク人間として、此所が変だぞハイテク人間を今後も突っ走りたい。
ま、具体的にはツイッターの方にするけど、ヘタレだからすぐ謝る卑怯者でもある。で、陰口。ナハハハ!文句あっか!
ところで、iProfだけど、どうなんだろう?貧困層が買えないとか言い出すと、また話が長くなるので止めとこ。
posted by はぶ at 20:11| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これも米議会図書館収蔵ツイート



じゃあ、オートポストされるこのブログも米議会図書館に収蔵されるのん?
posted by はぶ at 19:52| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

歯の本数と心臓疾患と



やっぱ最後は心不全かな。やだな。見た目こっくりっぽくても、一瞬もんのすごく苦しいらしいし…。
posted by はぶ at 13:35| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうしても金に走ってゆく



いろいろ大変なところもあるだろうけど、なんだかね。
私は広告入るの大嫌い。
posted by はぶ at 09:43| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「邦人」の報道について



当人の人となりなんかどうでもいいなんて言わないが、背景にある問題を詳しく掘り下げることなく可哀想でお茶を濁すだけの報道は何とかならんのかな。
そもそも何故こんな状況になったのか。せめて経済発展による勢力図の変化にまで掘り下げないと赤と黄の対立は理解できない。(と書いてる私も事情に明るくはないが)
アフガニスタンでの失踪事件にしても、ろくに調べもせず安直にタリバンを犯人扱いにした無責任な記事が目立つ。一部のツイッターや某氏の個人ブログのほうがよほど信頼できる。
posted by はぶ at 09:39| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何れにせよ、事態収拾しないと



私の中では政府軍だろうと云うことになっている(あくまで私的な見解ですよ)。
とはいえ、早く治安回復して欲しい。以前は王さんが最後に出てきて事態は収集したんだけど、この赤vs黄の構図は解決がナカナカ難しいわね。
posted by はぶ at 09:18| Comment(3) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産じゃなかったっけ?



うん世界遺産だ(確認した)。
自国の世界遺産を傷つけておいて大したことがないと外国人が発言したら、どうだろうか?もちろんグレートバリアリーフはどこに属するものでもないが、人類共通の遺産として登録されている貴重な自然を損傷したという認識はあったのだろうか?オーストラリア側の怒りは当然である。
posted by はぶ at 09:08| Comment(2) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

え?てことはノリを消化できるの日本人だけなん?



そういう風に読めるんだども、違う?
posted by はぶ at 21:56| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者撲滅



甲賀、伊賀と茶化す方向で読んだら、なんともイヤラシいことだな。中国政府のチベット弾圧にそっくり。
posted by はぶ at 21:48| Comment(2) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

批難は当然だが、それだけでは済まないど



珊瑚礁など海洋の生き物への影響が心配である。
posted by はぶ at 21:36| Comment(2) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイヤって



値段ほど希少価値がある訳じゃないんよ。
この点について男は女の夢をぶち壊す権利がある。
不当に高価なダイヤを買わされているのだから。
私?
私はバカらしいから絶対に買わない。なんだよ!
posted by はぶ at 21:30| Comment(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これほどの大型生物が発見される意味



隠しておけるだけの自然が失われつつある警告なんだろうな。
posted by はぶ at 21:21| Comment(2) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

それでは差別そのものは無くならない。



確かに強かだけどね。
でも、差別意識に根ざした人気(金儲け)に逃げ込み、彼ら自身が差別意識を助長している皮肉な現実に変わりはない。
だからといって彼らに止めろとは言えない。
posted by はぶ at 18:29| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

双方落ち着け!といっても無駄なんやろか?



こういう緊張感て現地へ行かないと本当のところがわからないけど、なんか両サイドとも過激に走りすぎのような。。。
posted by はぶ at 20:35| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事読んでないけど、どうでもいいやん?



もう十分すぎるダメージを受けたでしょ。
ゴルフは好きじゃないけど、ゴルフ好きはウッズのプレーを見たがっているだろうに、それを妨害する権利はゴシップ好きの暇人にも芸能マスコミにも無い。ゴルフファンは何故黙っているんかね?
posted by はぶ at 20:30| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。