血迷いGo!勒へようこそおいでくださいました。
当ブログにはいくつか決まりごとが御座います。
何、たいした事はございません。
気楽に楽しむ為のガイドと思って、どうかヨロシクお願い致します。

 ■決めごと(設定の理由は☞こちら
  • その一、このブログはお気楽に楽しむべし。
  • その二、楽しめない場合は無言で立ち去るべし。
  • その三、このブログで議論しない。例外は管理人(はぶ)が認めたもののみとする。
  • その四、他人への誹謗中傷罵詈雑言及びそれらの類いは厳禁。
  • その五、カキコミが削除された時は決めごとに違反したものと思うべし。
  • その六、大人の礼儀をわきまえ、逆ギレも逆恨みもしない。
  • その七、決めごとは時々の状況によって断りなく変更される。

2011年08月02日

台湾フォックスコン、従業員50万人をロボット100万台で置き換えへ



素人考えかもしれないが、
これはフォックスコンだけじゃなく、今後中国の多くの製造工場で起こる現象だろうな。
安い人件費で製造コストを抑えることが中国の国際競争力を支えて来たけれど、近年人件費が上昇してきているらしい(つか、容易に想像できる)。そうなると、製造コストを抑える為には規模を拡大するか、あるいは設備の自動化率を上げるか、…てことになるのだろうね。
では、増加する失業者の受け皿をどうするか。
うーむ、素人はこれ以上考えても笑われるだけなので止めとくけど、まさか西部大開拓を更に大々的に押し進めやしないかと、ちょっと不安になる。これ以上チベットを荒らされたくないんだけど、悲しいことに私の私有物ではない。

最後、つまらん冗談でスマヌ。
posted by はぶ at 22:02| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

速すぎた開発、中国の高速鉄道



温州列車事故の遺族との初の賠償金協議成立50万元(約600万円)という情報をツイッターで見かけたけれど、営業開始を急ピッチに急ぎ過ぎたってのもあるけれど、今回の事故で驚いたのは事故後の対応。
いかにも責任回避が第一、営業再開が第一、人命も原因究明後回し、みたいなところは、考えてみれば昔っから変わっていないんだけど、さすがに埋めるというのはビックリ。いくら何でも原因究明はするだろうと思っていたから。
ま、結局調査はするみたいだけど、それも批判を受けて形だけって気がする。部分的とはいえ重機で壊した上に、土の中に埋めましたからね。まして埋めようとした穴には雨水が溜まっていて、そこにゴロりんこ。中の破損状況も浮力と埋める時の水流、土の重み等で変わるだろうし。
ちなみに、(これもツイッターの情報だけど)地元の人たちの犠牲者援助とか人情話が報道に流れ始めているとか。
高速鉄道の外国への売り込み云々については、私は詳しくはわからないけど、まあ大きなマイナスだろうことくらいは分る。それに国内の鉄道事業にとっても大きなマイナス要因だよね。
posted by はぶ at 21:03| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

中国高速鉄道、相次ぐ大規模遅延 国営メディアが「忍耐」呼びかけ


新華社の社説が笑えるけれど、まあ、かなり無理して突貫工事で記念日に間に合わせたんだから、無理も祟るってもんだしょ。
そのうち落ちつくんとちゃうかなあ。
ところで、パクリだのなんだのと日本のマスコミとかが大騒ぎしてるけど、一体どの特許が侵害されているのか誰か知りませんか?
素人なので詳しいことはまるで分からないが、いくらなんでも高速鉄道の技術は車体のみてくれだけじゃあるまいて。
アメリカの売り込みで日本の新幹線のネックは管理技術もセットな為に割高であることだと以前読んだことがあるが、確かにカーブとトンネルの多い特別仕立ての路線なんて、だだっ広い大陸では無駄な(つか、それほど重要でない)技術だもんね。
中国の高速鉄道も同様で、おそらく欧米と日本のイイトコ取りしたことは間違いないだろう。パクリだ何だと騒ぐより、中国と共同で開発するくらいの度量を見せて欲しい。ま、その為にはいろいろと乗り越えなきゃならない問題もあるんだろうね。(もっとも、今の日本政府に民間をしっかりバックアップできる能力があるかどうか、その気があるのか、心許ないね)

小生意気。
posted by はぶ at 19:23| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

外国人滞在者の生活費が高い都市、1位ルアンダ 2位東京



写真をみてアンゴラって中国のどこ?と思った人は私だけではあるまい。
ちなみに南スーダンの首都ジュバはどうなんだろ?

東京は放射能なら負けねーぞ!なんて書いたら怒られるかな?(ドキドキ)
posted by はぶ at 22:07| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

中国の鉱物資源輸出規制はルール違反、WTO



この手の記事を見ると、コメントより先ず引用したブログが気にかかる(楽しみ)。
で、今回もさっそくAFPの記事下に出ているブログを見てみたけど、
1、相変わらず存在する単なる転載で、コメントも何もないか、あっても「今後の展開が楽しみです」なんて定型分のような極端に短いもの

2、とんちんかんなもの(レアアースにも影響するとまで書いてあるのに、レアアースのことだと思い込んでるブログがあった)
か、
3、とにかく中国なんて
の3パターンだった。
1は他人事ではないが、ツイッターでシェアすりゃ良いのにと、他人事のように思う。
2は問題外。
3は下手すると2になりがちだけど、ほんま、なんで中国を一定のイメージにねじ込んでしか見れないんかね?そんなことでは中国に足許すくわれるっちゅうのに。

以上、くそなまいきな私であった。
posted by はぶ at 20:30| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

太陽光で走る自家製ソーラー・スクーター、インド



こりゃいいわ。
日本じゃどこぞのメーカーさんが素人の自作は危険だとかツイッターで見かけたけど、どんな危険性があるのか示してもらいたいもんだ。

posted by はぶ at 11:14| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

カカオ豆を輸出させろ!農民らがEUに抗議、コートジボワール



選挙に負けても大統領に居座れるというのが、どうもピンと来ないが、なんとも図太い野郎だな。
とはいえ、厄介な事態だな。
ちなみに、私の浅はかな豆知識によれば、コートジボワールでは未成年の子どもが労働力として農園でこき使われ、人権問題として批難されているのだが、そのカカオ豆の輸出で儲けた金が、この居座り大統領ローラン・バカボバグボの懐に入っているのである。
そんなわけで経済制裁を受けているのだが、でもねえ、コートジボワールの農民にとっては死活問題。何時もしわ寄せは弱いものにいく。
何か良い手立てはないもんかね?
posted by はぶ at 19:24| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

コーヒー豆を収穫するホンジュラスの児童労働者たち



児童労働者は読み書きできるのだろうか?
もしかして籠一杯にするのが一日のノルマかな?
子どもを働かせてまでコーヒー豆の輸出を世界一にしたとて、それがホンジュラスの未来を良くするというのだろうか?
それこそ一番じゃないといけないのですか?
それよりも子どもの教育に力を入れて将来の人材を育てるべきではないのか?
posted by はぶ at 22:18| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

中国国民、生活への不満高まる 政府の信頼低下



チベット関連のニュースを見すぎてきたからかな、公的?機関がネガティブな発表をすることに凄い違和感を感じる。
と、同時に発表をしたことに驚いてもいる。
そのせいか、ちょっと戸惑って、どう書けばいいのか。。。だったら書くなと言われそうだが、うう。
ま、何れにせよ前半の政府への信頼感や中国人として誇りを感じる指標の具体的数字が判らないので、何とも言えないなあ。
とはいえ、
インフレも含めて何となく皆が想像し得る内容ではあるな。
posted by はぶ at 21:11| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

レアアースはリサイクル可能、日本も注目する独科学者の挑戦



ハテサテシンジツハイズコニアルヤ?
こういう経済に直結した研究や技術は色んな思惑が絡んでるから、投資してない人は「ふーん」程度でよろしいのだろう。たぶん。
でも、実際リサイクルできてもコストという宿題が必ず付きまとう。今回のレアアースの問題も、結局採掘コストの問題でもあるんよね。(レアアースは稀少資源ではない。レアメタルではない。)
posted by はぶ at 11:37| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

「ベネチアランドへようこそ」!?街のテーマパーク化にユーモアで抗議



なんとか中国人観光客に来て欲しくて汲々としている某日本国民には考えつかない行為でございますことよ。
でも、
ベネチアランド
かえって人気がでそうな気がする。
posted by はぶ at 22:16| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

インド・タタの低価格車「ナノ」で発火事故、回収はせず


それはシヴァを信仰してるからだ。
それはカルマだ。
それはパーシーの仕業だ。

ぜってぇトヨタみたいにならねえぞ。
posted by はぶ at 20:40| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

ビスケット携帯に3Dスマートフォン、DoCoMo冬春モデル



ところでスマートフォンは、どういうケイタイなんだ?

とある会議室にて。



3Dねえ…。
posted by はぶ at 23:25| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

ソニー、カセット式ウォークマンの国内販売を終了



今だに生産していたことも驚きだが、それ以上にデカ!
posted by はぶ at 21:30| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

仏全土で大規模デモ、年金開始年齢引き上げに抗議



これほどの規模でこの記事である。

たった一カ所の数千人規模のデモが報道されなかったくらいで、ちょっと大騒ぎしすぎと私ゃ思う。
ま、健全とはいわんけどね。
数で言えば、取り上げられなくても不思議でないレベル。
あ、もちろん渋谷のデモのことね。

posted by はぶ at 23:01| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアアース輸出に積極姿勢 将来は対中輸出も 豪企業



先覚問題と結びつける人がいるけど、このような規模の大きな動きがそんな俄話で決まるものなんかな?
ま、経済には疎いので何ともいえませんが、アメリカでも再掘に向かう動きがあり、それは尖閣問題の前から。
ま、動きに弾みをつけたくらいはあるだろうけど。
posted by はぶ at 22:21| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

中国がレアアース対日輸出を禁止か、尖閣問題で NY紙(追記あり)



少々痛みを伴ってでも、ここは毅然とした態度が寛容やね。水面下での交渉はもちろん必要だけど、この情報がもし本当なら中国の傲慢さを印象付けるだけで、逆に立場悪くする恐れがある。きっとギリギリのラインで日本の出方を伺っている部分もあるのだろう。もし日本が折れたらアジアの覇者として強い印象を世界に示すことになる。かといって、あまり強引すぎると世界中から反発を食らう。アメリカも黙ってはいない筈。
なーんて生意気な分析擬きしてみたけど、肝心の船長から話を聞いてもいない中国が、なんで「誤り」と断定できるねん。如何に中国が事実を軽視しているか自ら証明しているようなものだ。

(追記)今後は日本政府も国民もマスコミも、これはこれ、ソレはソレ、政治でケンカしても経済は仲良くみたいな、強かな現実を受け入れないとホンマ生き残れないんじゃなかろうか。坊主憎くても袈裟は袈裟である。中国は日本のそんな体質をどんどんついてくるでえ。
posted by はぶ at 19:13| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

韓国、日中韓を結ぶトンネル建設を検討



いずれイギリスまで鉄道で行ける日が来るのかなあ。楽しみだなあ。
posted by はぶ at 17:08| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

格安航空ライアンエア、副操縦士廃止案に機長が対案 アイルランド



凄い発想やな。JALにこの柔軟性があったら…て、仮定するのも虚しいか。
posted by はぶ at 19:45| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

仏AFP、一般読者へのニュース直接配信を検討



へー。
日本の新聞社はなんかピントがずれた動きしてるね。
posted by はぶ at 20:21| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。