血迷いGo!勒へようこそおいでくださいました。
当ブログにはいくつか決まりごとが御座います。
何、たいした事はございません。
気楽に楽しむ為のガイドと思って、どうかヨロシクお願い致します。

 ■決めごと(設定の理由は☞こちら
  • その一、このブログはお気楽に楽しむべし。
  • その二、楽しめない場合は無言で立ち去るべし。
  • その三、このブログで議論しない。例外は管理人(はぶ)が認めたもののみとする。
  • その四、他人への誹謗中傷罵詈雑言及びそれらの類いは厳禁。
  • その五、カキコミが削除された時は決めごとに違反したものと思うべし。
  • その六、大人の礼儀をわきまえ、逆ギレも逆恨みもしない。
  • その七、決めごとは時々の状況によって断りなく変更される。

2010年09月28日

2050年までに食肉生産量の倍増が必要、専門家



ホンマは偏った食糧流通の方を先に解決すべきという気がするのだが。
posted by はぶ at 16:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

え?てことはノリを消化できるの日本人だけなん?



そういう風に読めるんだども、違う?
posted by はぶ at 21:56| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

自由



この方とお花見がしたいな。ピクニックでもいい。
posted by はぶ at 09:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

関係ないけど



キャドバリーのチョコはインドでよく食ったな。特にクランチ。
posted by はぶ at 10:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

お好み焼きより簡単やね


ひっくり返さんでいいもんね。
posted by はぶ at 10:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

チョコレート


これからチョコレートを食べる時は、コートジボワールの子供たちの苦労を噛み締めるように食べなさい。

コートジボワール:元フランス植民地で昔は象牙海岸とも呼ばれていた西アフリカの国。独立後「アフリカの優等生」と呼ばれるほど大きく経済成長をなしたが、近年一時内戦状態に陥る。現在、共和制。

ちなみにインドのチョコには多分にインド人の手垢が混じっている筈。心して吸いなさい。
え?チョコ違い?そんなこと言う人は警察に通報します!
posted by はぶ at 23:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

どんな味?


一応「食」カテゴリーにしたけど、う〜ん。食べたいとも思わない。
やっぱシンプルに塩味(王道!)が一番良い。それも手作りの作り立て。
posted by はぶ at 22:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

貧乏人民切り捨て

北朝鮮の食糧危機深刻化、270万人が飢餓の恐れ
2008.10.23 Web posted at:  17:19  JST Updated - AP
ソウル(AP) 国連世界食糧計画(WFP)は23日、北朝鮮で食糧危機が深刻化し、西部沿岸地帯では270万人の食糧が10月で底を尽く見通しだとする報告書を発表した。
>>続きを読む
 金融危機でそれどころじゃないんです!__というのが本音だろうけど、10月ってあと何日あるとおもってんの?もっと早く報告しろよ。結局、見捨てられるんだよね。将軍さんはドル建て資産もユーロ建て資産も損失甚大で人民なんぞ眼中になかったりしてね。2330-270=2060万人。まだ大丈夫ですよ将軍。そんなバカげた会話がホントにありそう。なんとかならんのか?
posted by はぶ at 23:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

まだ早いけど


今年の中国は次から次へと、よくまあ問題が起こるねえ。自然災害から人災、社会問題、政治問題、一切合切。今更だけど、よっぽどオリンピックに無理してきたんだろうね。
posted by はぶ at 17:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

新態に旧態をもって


 トカゲの尻尾切りだけで人民の非難をかわせたのは、ある意味凄いけど、だからといってなんで温家宝の見え見えパフォーマンスが賞賛されるのよ。
posted by はぶ at 20:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

ロシア、食料輸入を3年以内に半減へ


思わぬところでグルジアが対ロシアのカードを持っているんですね。
posted by はぶ at 19:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

腹もちの良い麺、北朝鮮が開発



 研究の成果は良いんだけど、問題は、その成果を如何に国民に行き渡らせるかなんだよね。
posted by はぶ at 12:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

スーダラ節



 先進国のお偉いさんも、発展途上国のお偉いさんも、世界中の立派な人たち、みーんなみーんな自分たちを棚に上げて最後は持続的経済発展のためやむなし。取り敢えず、取り敢えず。そんなこと、一般人がしていたら上司にどやされますけど。どないでっか?



アジアで食料価格高騰、貧困層に大打撃


2008年02月12日19:59 香港


【2月12日 AFP】アジア一帯で食料価格が高騰し、貧困層に打撃を与えている。各国の街頭で市民が抗議デモを繰り広げるなど問題は拡大化しているが、専門家によると価格の上昇に歯止めがかかる気配はない。


■世界の食料価格前年比40%増


 食料需要の増加に石油価格の高騰や地球温暖化の影響などがあいまり、コメや麦、牛乳といった必須食品の高値が恒久化する恐れもある。国連食糧農業機関のアブドレザ・アバシアン穀物担当上級アナリストは、さまざまな指標がすべて高値を示していると警告する。


 FAOの統計によると2007年、食料価格は世界全体で40%近く上昇し、ミャンマーやパキスタン、インドネシア、マレーシアなどで抗議デモが相次いだ。しかし、価格高騰の主要原因はアジアの経済成長だと国際食糧政策研究所のヨアヒム・フォン・ブラウン氏はいう。


■農への投資不足、食の変化、石油高騰・・・


 アジア地域では経済成長により食料需要は増える一方で、多くの貧困層が苦境に立たされえていると同氏は指摘する。貧困層の場合、わずかな収入に食費が占める割合は優に50-70%に達する。「農業分野、特に農業科学技術の開発や用水路整備への投資も不足している」(ブラウン氏)。


 全体的な食料需要の増加に加え、肉食嗜好の広がりも、食料価格上昇に拍車をかける要因となっている。畜産飼育には大量の穀物が必要になるからだ。


 それだけではない。干ばつや悪天候、石油価格高騰による輸送費の増加、バイオ燃料需要の急増とその備蓄高の不足といったことも、食料価格高騰の要因となっていると専門家はいう。たとえば、欧州および米国では、寒冷気候により穀物収穫高が減少。アジアでは、鳥インフルエンザや中国のブタの伝染病など、家畜の疾患のせいで肉類の供給に影響が出ているという。


■地球温暖化でアジアの穀物収穫10%減少か


 悪天候の影響で最も大きな打撃を受けているのがバングラデシュで、前年はサイクロンにより6億ドル(約640億円)相当の稲作が被害を受けた。今年のコメ価格は前年比70%増と急上昇、1キロ当たり50セント(約53円)前後となっているが、同国の国民の1日の生活費は1ドル(約106円)に満たない。


 すでに食料価格の上昇により暴動発生などが懸念されていた中国でも、稲作地帯が歴史的な悪天候と豪雪に見舞われたばかりだ。


 こうした異常気象の原因を地球温暖化だと断言することに専門家らはいまだ慎重だ。しかし米スタンフォード大学の研究は、南アジアでは2030年までに気候変動が原因でアジアのアワ、トウモロコシ、コメの生産高が10%減少するだろうと指摘している。


 こうした傾向からアジア各国の政府は、食料価格高騰とそれをきっかけとする暴動の可能性を懸念し対策に乗り出している。インドネシアは米国から大半を輸入している主食、大豆の輸入関税を下げると同時に、輸入依存を抑制しようとしている。マレーシアは政府が食糧備蓄制度を開始する予定だ。マレーシアでは最近、食料価格高騰に抗議した活動家数十人が逮捕された。


 ベトナムは前年のインド同様、コメの輸出を一時停止した。経済評論家らは価格高騰につられる形で食料供給もいくらかは増加するというが、マニラにある国際稲研究所の開発担当ディレクター、ダンカン・マッキントッシュ氏はそれほど簡単な問題とは思えないという。「ミャンマーでコメの生産高が増え、インドネシアで少しは代替農地が使用できるかもしれない。しかしすぐに効果をもたらせるような大きな要因はない」


 同氏は、アジアで都市化と工業化により農地が減り、少ない水資源をさらに吸い上げているとも付け加えた。(c)AFP/Sunil Jagtiani


http://www.afpbb.com/article/economy/2349909/2632698



posted by はぶ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

そば







中国の蕎麦から「麺」を考察:日中で異なる手法で発展 2006/12/31(日) 15:14:19更新


中国文化探訪 第14回−岡崎英遠


  2006年がまもなく終わる。日本の大晦日と言えば、やはり年越しそばであろう。そばは正真正銘の日本食と思いがちだが、実は中国にも存在する。中国東北部アムール流域、最近では中国南部チベット・ヒマラヤ地域が原産と言われており、中国のそばを考える時、それは麺の起源と大きく関わってくる。


  日本と中国のそばの大きな違いはその製麺方法にある。中国では、そばは「ホウロウ」と呼ばれる器具を用い、テコの原理で上からの圧力を加え麺を押し出す。言わば押し出し式の製麺法である。


  この「ホウロウ」を用いた製麺方法はおよそ700年前に始まったとされる。そしてこの押し出し式の製麺方法が麺という食文化の起源とも言える。


  2000年前、麺発祥の地、黄土高原にシルクロードを通り小麦と石臼が伝播した。しかしこの地は「三逃の大地」と呼ばれ、春の強風が畑の土を奪い、夏の豪雨が肥料と作物を押し流してしまう。さらに黄土高原は年降水量400ミリほど、夏こそ大雨があるが年間を通しては乾燥しているため根が浅い小麦は枯れてしまう。そのため小麦は根付かず、そばや燕麦などの雑穀しか育たなかった。


  小麦粉には水を加えると伸びるという特性があるが、そばなどの雑穀にはない。この地の人々は消化の悪い雑穀を石臼で粉にし、「ホウロウ」で細長い麺状にして少しでも食べ易くしたのである。


  麺は過酷な環境下で生活する人の工夫から生まれた。麺類を飛躍的に進化させた小麦粉が流通するにも関わらず、中国の黄土高原、内モンゴルなどでは、この製麺手法が今尚脈脈と受け継がれている。そればかりではなく、韓国やタイ、カンボジアなどの東南アジアまで押し出し式の製麺手法は伝播している。誰でも使えるという利便さが人々に受け入れられたのだろう。


  日本では粘性のないそば粉に山芋などの「つなぎ」を入れる工夫をした。そして中国は道具を生み出した。双方それぞれそばという麺をまったく異なる製法で発達させたのだ。発達方向は異なり興味深いが、しかし思いは同じ。いかに美味しく食べるかということ。まさに知恵の妙としか言いようがない。(執筆/写真提供:岡崎英遠 第1期サーチナ・サポーター)


URL:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1231&f=column_1231_007.shtml



てことは、「そば打ち」ではなく「そば出し」ですね。


posted by はぶ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ネタは日本海産でしょうか?



そこいらの確証のない胡散臭いルポではなく国連と云う公式機関の警告です。重みが違いますが、もちろん米国中心の世界基準です。



北朝鮮、食糧危機の恐れ 来春までにと国連警告


 国連は22日、核実験などにより北朝鮮が国際社会から孤立を深めた結果、国連を通じた人道支援活動が大幅に縮小、同国の食糧減産の影響もあり、来春までに深刻な食糧危機が起きる恐れがあると警告した。


 国連の世界食糧計画(WFP)によると、北朝鮮住民の3分の1は慢性的な食糧不足状態。幼児、児童の 37%に発育障害が出ている。国連食糧農業機関(FAO)の推計では来年、穀物が100万トン不足する見通しだが、WFP当局者は「この夏の水害で事態がさらに悪化した」とみている。


 WFPは今年、国際社会に約1億200万ドルの支援を要請したが、資金は15%しか拠出されなかった。国連児童基金(ユニセフ)も今年初め、約1100万ドルの支援を求めたが、集まった資金は500万ドル強にとどまっている。


 国連当局者によると、北朝鮮に対する2国間援助も、今年は前年までの約4分の1に減少した。(共同)


LINK:http://www.usfl.com/Daily/News/06/12/1222_014.asp?id=51954



北朝鮮は金塊市場で外貨獲得に躍起になってるとか耳にしたけど、それはあくまで体制維持のためであって、一般国民のためではないのは言わずもがな。このままでは早晩、金政権は国際社会だけでなく、国内でも孤立することになろう。


でもね、



北朝鮮に回転ずし店 シンガポール企業が計画


 シンガポールの外食企業が、東南アジアを中心に展開する回転ずし店の北朝鮮進出を計画している。世界的なブランドを目指して米国、ロシアなどへ進出する構想の一環で、北朝鮮を取り巻く国際情勢の緩和を待って2008年以降の実現を目指すという。


 進出をもくろむ「エイペックス・パル・インターナショナル」はシンガポール、インドネシアなど5カ国で「サカエスシ」チェーンなど五十数店を出店し、05年の売上高は5200万シンガポールドル。


 国民の所得が低い北朝鮮で、すしは高根の花のようだが、同社のダグラス・フー最高経営責任者(CEO)は「国営企業幹部、外国人の非政府組織(NGO)関係者らがターゲットだ。平壌に出店し、会合に使える個室も設けたい」と話す。


 核実験で国連安全保障理事会の制裁決議を受けた北朝鮮は厳しい投資環境にあるが、フーCEOは「先んずれば人を制す」と自信を示す。北朝鮮を視察し「人脈を築いた」と語り、核実験の日も北朝鮮側の招待で平壌のホテルにいたという。(共同)


LINK:http://www.usfl.com/Daily/News/06/12/1221_012.asp?id=51928



日本海密漁ものがネタのスシで日朝会談が上手くゆくのでしょうか?


posted by はぶ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。